本文へスキップ

子どもたちと地球の未来のために 特定非営利活動法人(NPO)アース・エコ

活動報告ACTIVITY Report

かながわ環境学校 川崎市宮前区内の小学校

 9月28日(木)、29日(金)の2日にわたり、川崎市宮前区内の小学校で5年生4クラス127名を対象に、かながわ環境学校「実験・ゲームで挑戦!地球温暖化防止」の出前授業を行いました。この学校は対象の学年が4クラスのため、2日をかけて90分の授業を4回繰り返しました。
 10日程前に子どもたちは八ヶ岳山麓でのキャンプを体験してきたとのことで、自然の大切さ、自然保護の難しさから話を始め、環境問題である地球温暖化について説明し、学んでもらいました。省エネ実験では、手回し発電機による発電、照明消費電力測定、待機電力/ドライヤー消費電力測定を体験しました。日頃何気なく使っている電気ですが、手回し発電機を回してみて電気を作る大変さを実感し、電気製品が消費する電気の量を測定してみて、今までとは違ったイメージで電気をとらえられたと思います。次に、ゲーム「暮らし方の違いさがし」を行いましたが、自分で簡単にできる省エネが身の回りに沢山あることに気が付いたと思います。最後に感想文を書いてもらいましたが、その一つを見ると、快適さを追求するだけでなく、環境を守ることも大切であることに気がついたようです。家族での省エネの取り組みに期待します。
地球温暖化について学ぶ ゲーム「暮らし方の違いさがし」
アース・エコでは環境教育にボランティアとして参加いただける会員を募集中です。







特定非営利活動法人 アース・エコ

神奈川県横浜市を中心に
環境教育活動をしています
アース・エコ
サイト内検索